• 計画書はEXCELで作成することも出来ます。
  • 通常のEXCEL機能に加えて行挿入、行削除、データ出力機能が加えられています。
  • 確認方法は「評価」と「測定」から選択します。
  • 測定を選択すると右側に最低値、最高値、単位を指定するセルが表示されます。(最低値、最高値は許容範囲を示します)
  • データ出力で作成されたファイルをiCloudに複写し、iPad側でこのファイルのアイコンをタッチすると読込まれます。




 
  • 記録の印刷もEXCEL(HACCP記録印刷ツール)で行います。
  • iPad側の「外部出力」機能によりiCloudに記録データと写真を複写します。
  • HACCP記録印刷ツールの設定で、データ読込みフォルダーとしてWindows側のこのフォルダーを指定します。
  • データ読込機能ですべてのデータを一気に読み込みます。
  • データは1か月単位でまとめられ、月間報告書には分類単位の「否」の数が日ごとに集計されます。
  • 測定値及び振り返り確認の記録も印字されます。
    <<自動温度測定システムと連携>>

  • 自動温度測定システムと連携する場合は、設定にログ格納フォルダーを指定します。
  • 加えて、自動温度計の設置場所と子機IDを設定します。(任意数が可能)
  • さらに記録に取得する温度データの対象時刻も設定します。
  • 温度データもデータ読込機能で一緒に読み込まれます。
  • 読込まれた温度は温度列に印字されます。




 
  • 同様に、月間特記事項一覧には特記事項だけが印刷されます。  
  • 記録に写真が添付されている場合は、これも印刷されます。